モノレートの見方・使い方を徹底解説!【せどり】

今回はモノレートの見方を徹底解説したいと思います。

 

モノレートとは、Amazonに出品している商品の過去の相場や出品者の推移などが分かるサイトになります。
Amazonせどりをやるにあたっては、モノレートが使える事が必須条件ですね。

 

それでは、モノレートの使い方を説明していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

モノレートの使い方

モノレートの検索窓に調べたい商品の、「商品名」「JANコード」または「ASIN」を入力します。
モノレート

今回は、こちらの商品を調べたいと思います。
モノレート

上記の商品を検索したところ、このようなグラフが表示されました。
モノレート

では、一番上のグラフから説明して行きましょう。
このグラフは、新品と中古品の最安値の推移を表しています。
送料を抜いた価格であるという事に注意してください。

緑のグラフが新品で、オレンジのグラフが中古品になります。
このグラフから、新品の相場はやや下がり気味で、中古はほぼ一定という事が読み取れますね。

 

続いては、真ん中のグラフを説明しますね。
このグラフは、新品と中古品の出品者数の推移を表しています。
緑のグラフが新品で、オレンジのグラフが中古品になります。
このグラフから、新品と中古の出品者数がやや減少気味だという事が分かりますね。

 

一番下のグラフは、Amazonランキングのグラフになります。
これが一番重要と言っても過言ではないでしょう。
Amazonでは、商品が売れた時にランキングが一気に上がるシステムになっています。
そして売れなければ、徐々にランキングが下がって行きます。

という事は、ランキングが上がれば売れたという証拠になりますよね?

グラフの縦軸に注目してください。
下へ向かうほど、ランキングが良くなっていますよね。
つまり、グラフが下方向へ落ちた時に売れたと判断できるわけですね。

 

とはいうものの、全ての商品のグラフを確認していたら日が暮れてしまいますよね?
なので、まずはランキングの順位を見てふるいにかけてから、モノレートをチェックするのが良いでしょう。

Amazonランキング10万位以内であれば、モノレートを見る価値ありです。
逆に、ランキング50万位以内にも入っていなければ、その地点ではじいてしまって良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

期間毎の最安値一覧の見方

続いては、グラフの下にある期間毎の最安値一覧をいう表を見てみましょう。
モノレート

こちらでも、ランキングや出品者の推移を判断できます。
グラフとこちらの表を合わせてみるのが良いでしょう。

この表を見れば、中古が売れたか新品が売れたかがおおよそ判断できます。
どのように判断するかというと、ランキングが上がった時の出品者の数と最安値で分かります。

上記の画像の1月28日に注目してください。
ランキングが上がり、中古の出品者が6人から5人になっています。
そして、最安値も1794円から2480円に上がっていますよね?

という事は、中古品が1794円で売れたと判断できるわけです。

もし、中古の出品者数が減っても最安値が変わらなかった場合は、最安値でない中古が売れたと考えられますね。

また、ランキングが上がっても出品者数に変化が無い場合は、新品が売れたと判断するのが妥当でしょう。
同じ出品者が、新品の在庫を何個も持っている可能性がある為です。

 

いかがでしたか?
モノレートの見方は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
スマホでモノレートが表示されない時は・・・

 

↓役に立ったらブックマークお願いしますm(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

はじめまして!

さわやかと申します。
27才にして会社を辞め、せどりというビジネスに着手しています。

よろしくお願いします(^^)

↓メルマガやってます!!

メルマガ

このページの先頭へ

アクセスランキング