アマコード(Amacode) 使ってみた!! 【無料せどりアプリ】

 

こんにちは、さわやかです。

 

今、話題沸騰中の無料せどりツール「Amacode(アマコード)」を使ってみました!

Amacode アマコード

 

Amacode(アマコード)は、今までの無料ツールでは対応していなかった TSUTAYA,GEO,BOOKOFF のインストアコード(独自コード)にも対応しています。

バーコードを読み取った時、商品が複数表示されるのも良いですね。
単品では仕入対象外でも、セット売りで利益がとれる事がありますからね。

そして、KDCシリーズやMS910等のバーコードリーダーにも対応しています。

多くのツールは、バーコードリーダーに接続する際、日本語入力から英数字入力に切り替える必要がありました。
しかし、Amacode(アマコード)は日本語入力からでも接続できるため、ストレスなく作業に取りかかる事ができますね。
アマコード amacode

 

カメラでの読み取り速度も問題ないです。
私はAmacode(アマコード)の前任者ともいえるセドリームを使っていましたが、それよりも速くなっていますね。

 

そして一番の強みは、Keepaが見れる事ですね。
アマコード Amacode

スキャンしただけでkeepaが見れるというのは、素晴らしいですね!
そして、複数表示した時も、すべて表示されるという優れものです。

評価もすぐに分かるので、「波形が出ていない商品を見逃した」なんて事がなくなりました。
波形が出ていない商品でも、利益が取れるものは沢山ありますからね。

ツールだけで、カート獲得者が誰なのかが分かるのも良いですね。
今までのツールは、自己発送かFBAの2択でしか判別できませんでしたが、
アマコードでは、Amazon本体を加えた3択で判断出来るようになりました。

 

つまり、あなたはモノレート等の外部サイトに飛ぶことなく、一瞬で仕入れの判断が出来るという事です。

 

Keepaを拡大する事で、Amazonの出品履歴も見る事ができますね。
Amazonの価格を抑えておけば、仕入れのミスが無くなりますね!
アマコード Amacode

もちろんkeepaだけでなく、Amazon、モノレート、価格com、オークファン にも飛ぶ事ができます。

アマコード amacode

そして、仕入対象内に入った商品をお知らせしてくれるアラート機能も良いですね。
仮に「Amazonランキング10000位以内」とアラート設定したとしたら、読み込んだ商品がその条件に当てはまった時に、バイブレーション等でお知らせしてくれます。

Amazonランキングだけでなく、粗利、在庫状況、定価超え、出品数、レビュー数など様々な条件を自分で設定する事で、より効率の良い仕入れが期待できそうですね!

 

お分かりいただけたでしょうか?

Amacode(アマコード)は、お金を取ってもおかしくない有料級のツールですね!

 

おそらく、バックエンドにセミナーや塾のオファーがあると思いますが(ほぼ100%?)、そのオファーを受けるかどうかはご自身で判断をお願い致します。

 

ただ、上手いキャッチコピーに煽られて自分を見失うような事はしないで下さいね。

 

よく考えた上で、あなたが本当に良いと思ったなら、そのオファーに乗っかってみるのも有りだと思います。

 

あらかじめ言っておきますが、私がAmacodeを一件紹介する毎に報酬として1300円貰える仕組みになっております。

 

このブログの存続を願ってくれる心優しい方々、どうかダウンロードしてください!!

 

とはさすがに言えませんが(笑)、優秀なツールである事は間違いないです。

 

興味を持たれた方、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

 

↓下記リンクから、アドレスを入力しますとダウンロードできます
ama

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

はじめまして!

さわやかと申します。
27才にして会社を辞め、せどりというビジネスに着手しています。

よろしくお願いします(^^)

↓メルマガやってます!!

メルマガ

このページの先頭へ

アクセスランキング