せどりで必要な物

テープカッター

 

せどりをするにあたって、必要になる物を紹介したいと思います。

参考までにどうぞ!

 

必ず欲しい物

 

スマートフォン
私は当初、ガラケーを使い手打ちでJANコードを入力していました。
しかし、効率が悪かったので、試しにスマホでやってみる事にしたんです。

スマホのカメラで初めて読み込んだ時、後悔しましたね。

もっと早くスマホにしておけばよかった、と・・・

機種は何が良いかというと、iphoneで良いと思いますね。
せどりのツールとの相性もあるので、あまり冒険した機種はお薦めしないですね。

 

クレジットカード
せどりでは月に10万20万といった金額は当然のように使うので、持っておいた方が良いです。
おすすめは、Yahoo!JAPANカード楽天カードですね。

この2つのカードは、ポイントが貯まりやすく審査もとおりやすいのでお薦めです。
ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると、キャッシュバックされるのでお得ですね。

 

ネットバンク(ネット銀行)
ジャパンネット銀行ゆうちょダイレクトがあれば良いでしょう。

ネット銀行は、ヤフオクのyahooかんたん決済を使わない取引でよく利用しますね。

 

検索ツール
無料であれば、「Amacode(アマコード)」
有料であれば、「せどりすとプレミアム」 でしょうか。

私は実際に使った事はないのですが、「せどりすとプレミアム」の評判はかなり良いですね。

 

ダンボール
買ってもいいですが、近くのスーパーやドラッグストアに行けば無料で手に入れられます。
最初はそれでも良いでしょう。

注意点としては、FBAに納品する際、バーコードを隠してあげる事ですね。
Amazonの社員が誤って、ダンボールのバーコードを読み取ってしまう可能性がある為です。

店舗で購入する場合は、カインズホームが安いです。

 

クリスタルパック (OPP袋)
本やDVDの自己配送をやる人は必ず用意しましょう。
商品を水から守るのに必要となります。

サイズは「195×270mm」「150×250mm」の物があれば、一通りはカバー出来るでしょう。

 

ガムテープ(OPPテープ)
テープも色々あって、クラフトテープ、布テープ、透明テープ(OPPテープ)といった種類があります。

単価や強度を考慮すると、おすすめはOPPテープですね。
ただOPPテープは扱いにくいので、テープカッターの仕様を推奨します。

 

シール剥がし
ダイソーに売っているビンに入っているシール剥がしがいいでしょう。
(黄色いヘラと綿棒が付属している商品です)

スプレー式のものは、広範囲に散らばるのでせどり向きではありませんね。

 

パソコン
言うまでもないですよね。
Amazonセラーセントラルの画面は結構重いので、あまりにスペックが低いとストレスになるかもしれません。
私のパソコンのCPUはcore i3ですが、特に問題ないので高価なものを買う必要はないでしょう。

 

プリンター
バーコードや、FBA納品ラベルを印刷する時に使います。
高機能な物は必要ないですが、カラーで印刷できる物をお薦めします。
FBAパートナーキャリアを使う時、発送伝票が白黒だと受領してくれない為です。

 

封筒
これも自己配送をやる人であれば、必須です。
角型3号(216×277mm)と角型2号(240×332mm)
があれば良いですね。

 

緩衝材
俗に言うプチプチの事ですね。
商品を保護する為に、必要不可欠です。

 

スポンサーリンク

 

あると便利な物

バーコードリーダー

バーコードリーダーを使い、読み取っていく事を「ビームせどり」と言います。
これがあると、スマホのカメラで読み取るよりさらに早く読み取る事ができます。

現在私は、KDC20を使っております。
かつてMS910を使っていたのですが、バーコードの読み込みは圧倒的にKDC20の方が速いです。

0.5秒くらいで読み込んでしまうので、初めて見た時は驚きましたね(^^;)
加えて、KDC20はUSBが内臓されており、充電する時ケーブルが不要な点が強みだと思いますね!

 

バーコード用ラベル

納品センターに送る時に、商品にバーコードを貼るのですがこれがあると便利です。
普通紙に印刷してセロテープで貼っても良いですが、納品する数が多くなるとそんな事やってられません(笑)

ラベルシールは、24面の物を使いましょう。

 

ストレッチフィルム(ハンディラップ)

食品のセット売りやコミックセットを包む際に使用します。
料理用のサランラップで包んだ事がありましたが、ストレッチフィルムを使った方が断然楽ですね。

 

デジタルカメラ

中古品は商品の画像をつけると売れやすくなるので、あると良いでしょう。
カメラ用の三脚もあればさらに良いですね。

スマホのカメラでも悪くはないですが、私はデジカメを推奨しますね。
その理由は、フラッシュが焚けるからです。
フラッシュを使った方が、商品を綺麗に撮れますね。

 

ホワイトボード
ホワイトボードというと、字を書く黒板的なものを連想するかもしれませんが、
ここでは「白い板」を意味します(笑)
写真を撮る際に使う背景の板ですね。
間違っても、畳や布団の上で撮るのだけはやめましょう(^^;)

ちなみに私は、ホームセンターで500円位で買った45cm×60cmの板を使用しています。

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
せどりのおすすめ教材

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

はじめまして!

さわやかと申します。
27才にして会社を辞め、せどりというビジネスに着手しています。

よろしくお願いします(^^)

↓メルマガやってます!!

メルマガ

このページの先頭へ

アクセスランキング